✿ i piccoli campi ✿

プレーンな生活。小さな幸せ。

Alone Again (アローン・アゲイン)

by ギルバート・オサリバン

作詞・作曲
ギルバート・オサリバン
1972年

 

www.youtube.com

 

In a little while from now
If I'm not feeling any less sour
I promise myself to treat myself
And visit a nearby tower
And climbing to the top
Will throw myself off
In an effort to make it clear to whoever
What it's like when you're shattered
Left standing in the lurch at a church
Were people are saying, My God, that's tough
She stood him up
No point in us remaining
We may as well go home
As I did on my own
Alone again, naturally
(今からしばらくたっても
このモヤモヤが消えなかったら
こうしてやろうって誓いを立てた
近くのビルまで行って
屋上まで駆け上がり
身を投げてやるってね
みんなにはっきり分からせるんだ
心を傷つけられるのがどんな気持ちかって
教会に置いてきぼりにされて
こんな声が飛び交う「あらまあ、大変だわ」
「彼女に捨てられたんだな」
「私たちがここに居続ける意味もない」
「帰ることにしよう」
自分でそうしたかのように
また一人ぼっちになった。当たり前だ)

 

To think that only yesterday
I was cheerful, bright and gay
Looking forward to who wouldn't do
The role I was about to play
But as if to knock me down
Reality came around
And without so much as a mere touch
Cut me into little pieces
Leaving me to doubt
Talk about, God in His mercy
Oh, if he really does exist
Why did he desert me
In my hour of need
I truly am indeed
Alone again, naturally
(たった昨日を思い返してみても
僕は元気で明るくて陽気だった
安心しきっていた
僕の役割が奪い取られるなんて思わなかったから
でもまるで叩きのめされるかのように
現実が襲ってきて
ほとんど触れることもなく
僕をズタズタに切り付ける
僕は置き去りにされた疑念の中で
神の慈悲について訴えた
“ああ、神様が本当にいるなら
どうして一番必要なときに
僕を見捨てたのだ?”と
僕は本当に本当に
一人ぼっちになった。当たり前のように)

 

It seems to me that there are more hearts broken in the world
that can't be mended
Left unattended
What do we do
What do we do
(世界中には僕よりもっと傷ついてる人たちがいる
彼らは傷を癒されることもなく
たった一人で放置されたまま
僕らはどうしたらいい?
どうしたらいいんだ)

 

Alone again, naturally
(また一人ぼっちになってしまった。当たり前のように)

 

Looking back over the years
And whatever else that appears
I remember I cried when my father died
Never wishing to hide the tears
(過去の年月や
脳裏に浮かぶ様々な出来事を振り返ってみると
父さんが死んだ時のことを思い出す
僕は涙を隠そうともしなかった)

 

And at sixty-five years old
My mother, God rest her soul
(母さんはその後
65歳で天に召された)

 

Couldn't understand why the only man
She had ever loved had been taken
Leaving her to start
With a heart so badly broken
Despite encouragement from me
No words were ever spoken
And when she passed away
I cried and cried all day
Alone again, naturally
Alone again, naturally
(当時は不思議でしょうがなかったよ
なぜ神様が母さんの最愛の夫を奪ってまで
孤独な生活を始めさせたのかって
母さんをどれだけ苦めるんだろうって
僕の励ましにもかかわらず
母さんの口数は減っていった
そして彼女が死んだ日
僕は一日中ずっとずっと泣き続けた
また一人ぼっちだね。当たり前のように
また一人ぼっちだ。当たり前のように)