読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✿ i piccoli campi ✿

プレーンな生活。小さな幸せ。

杉原千畝 スギハラチウネ

映画 杉原千畝 スギハラチウネ - allcinema


監督
チェリン・グラック
脚本
鎌田哲郎
松尾浩道
出演
唐沢寿明
小雪
ボリス・スジック
アグニシュカ・グロコウスカ
ミハウ・ジュラフスキ 他
2015年 日本語、英語 139分

 

ドイツ系アメリカ人の主人には、ユダヤ人の血が少し流れているそうです。
その事を知るずっと以前から、そしてその事を知った後はそれまで以上に、ユダヤ人の歴史を、主に第二次世界大戦中の彼らの境遇を調べたりしました。
杉原千畝さんの事を知ったのは、小学校高学年くらいだったかと思います。
戦時中の話を、よく祖母から聞いていたのですが、日本だけではなく、外国では当時、どのような状況だったかも話てくれたときに、「スギハラチウネ」という名前を初めて聞いたような気がします。

 

1934年、満洲国外交部の一員として働く杉原千畝は、白系ロシア人のイリーナとマラットと共に、ソ連との北満鉄道譲渡交渉を有利に進めるための、諜報活動を行っていました。杉原千畝はソ連軍が新型列車を盗み出そうとした証拠を掴みますが、手を組んでいた関東軍の南川欽吾の暴走によって、マラットとソ連兵が殺害されてしまいます。
満洲国を私物化する関東軍に嫌気が差した杉原千畝は、満洲国外交部に辞表を提出し、日本に帰国し、その後モスクワの在ソビエト社会主義共和国連邦日本国大使館への赴任を命じられます。
モスクワは彼にとって、念願の赴任先でしたが、上記の北満鉄道の一件を理由に、ソ連から入国を拒否されてしまいます。
1939年、杉原千畝は新設されたリトアニア・カウナス領事館への赴任が決定し、ソ連の動きを探るように命じられます。
カウナスに赴任した直後、ソ連はナチス・ドイツと独ソ不可侵条約と締結し、ドイツはポーランド侵攻を開始しました。
彼は、彼に接触してきたポーランド人スパイのペシュと手を組み、諜報活動を開始します。
2人は収集した情報を分析し、独ソが東ヨーロッパを分割支配しようとしていることを突き止めますが、日本は明確な対策を取ろうとはしませんでした。
1940年、ソ連軍がバルト三国を占領します。
ドイツからの迫害を逃れて来た多くのユダヤ人は、ドイツと同盟を結ぶソ連から逃れるため国外脱出を図りますが、各国領事館はソ連軍によって次々に閉鎖され、脱出に必要な査証を受け取ることが出来なくなってしまいます。
そんな中、オランダ領事代理のヤンは彼らに査証を発行しますが、ドイツが支配する西ヨーロッパへの脱出は不可能であり、彼らは極東経由での脱出を目指し日本領事館に査証の発行を求めるようになりました。
外務省からペシュら協力者以外への査証発行を禁止されていた杉原千畝は、当初彼らを無視するほかありませんでした。
しかし、ヤンの行動や日に日に査証発行を求めるユダヤ人たちが増えていくのを見た杉原は心を動かされ、独断でユダヤ人たちへの査証発行を決断します。

 

色々な事を考えさせられた映画でした。
そしてこの映画でびっくりしたのは、映画のほとんどが英語で、唐沢寿明さんの英語がとても流暢だったこと。
杉原千畝さん本人は、英語だけではなく、フランス語、ドイツ語、ロシア語など数か国後に堪能だったそうなので、赴任先のリトアニアでは、英語ではなくリトアニア語やロシア語を話していたかもしれませんね。
ポーランド語にも堪能だったのかな、すごいなぁ。
今では考えられないことだけど、当時の日本人は、「お国のために」と自分自身に対しても周りに対しても、冷酷であることが日本人としての誇りというか…そんな感じだったかもしれません。
それが当たり前であった中で、自分を見失わず、一人の人間としてどう行動していくべきなのか、確固たる信念を持って行動することは、思っている以上に難しかったのではと思います。
ましてや自分一人ではなく、家族がいるならば、…普通は当たり前のように家族の身を案じて、周りと一緒に「お国のために」となるでしょう。
けれど彼は自分を信じ、未来を案じ、そしてそんな彼に、彼の奥さんはしっかりと寄り添い、支え合い、この先どんな事が起ころうとも一緒に生きていく決意をします。
私はそれこそが、日本人の、というか、人間としての本当の美しさであり誇りだと思います。
第二次世界大戦でのユダヤ人犠牲者の数は、580万人とも、600万人以上とも言われています。
杉原千畝さんが発行したビザによって救われた命は、6000人あまりと言われています。
一人の人間の勇気ある決断によって救われた命。
当時、彼の他にも多くの正しい心を持った人たちが、ユダヤ人を救うために尽力しました。
多くの犠牲者も出た中で、多くの命も救われていきました。
彼には先見の明が備わっていたんだと思いますが、一歩間違えれば、彼のした行動はとんでもないことだったとは思います…。
先見の明があり、そして人望も厚い彼だからこそ、彼を慕う多くの人たちの協力もあり、なし得たことなんだなと思います。
今も世界のどこかでは戦争が起きていて、多くの命が毎日失われていってます。
けれどそこには、必ず、杉原千畝さんのような心を持った方々がいて、命を救う努力をしています。
同じ人間であるのに…どうしてこうも真逆なのでしょうね…、国の為や自分の信仰する宗教のため、または自身の信念のため、他人の命を平気で奪っていく人がいて、そして自分の命を顧みずに他人の命を救うことに尽力する人がいて…。
余談ですが、ドイツに住んでいる私の主人の祖母は、ドイツ人とユダヤ人のハーフです。
SSとして、ユダヤ人狩りをしていたドイツ人兵の曾祖父が、周りに気づかれないように、1人のユダヤ人女性を匿いました。
2人は恋に落ちて、赤ちゃんも生まれるのですが、ユダヤ人を匿ったことがしれてしまったドイツ人兵の曽祖父は、裏切り者として強制収容所へ連れて行かれ、ガス室で殺害されました。
彼のお陰で命を助けられた曾祖母は、ドイツ人兵に見つからないよう、戦時中、新しい命と一緒に生き延びました。
その赤ちゃんが主人の祖母です。
考えて見れば、主人の家系は兵隊さんばかりなようで…。
ドイツ人の曽祖父も兵士でしたし、自分の父親も、父方の祖父や曽祖父も、叔父も、そして自分自身も。
「息子には兵士になんか、なってもらいたくない。」と、主人は常々言っています。
兵士なんかいらない、そんな世の中が訪れることは…そんな世の中が実現するのは、難しいことかもしれませんが、一人一人が正しい気持ちを持って、正しい行いをしていけば…どんな小さな親切心であっても、それを多くの人たちが行ったなら、平和が広がっていくのにな…武器なんかに頼らず、人を傷つけ合うことなんかもなく、きっと当たり前の幸せを、安心を、当たり前のように感じることができるはずなのに、と思います…。