読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✿ i piccoli campi ✿

プレーンな生活。小さな幸せ。

Arkadaşım Max (アルカダシュム・マックス)

ARKADAŞIM MAX | ARKADAŞIM MAX Fragman İzle - Filmin Seansları

 

監督
ムラット・セカーシュ
脚本
エテム・ウズシュク
出演
アーニ・イペッカヤ
インチ・テュルカイ
ムラット・アッコユンル
アタベーク・ムトゥル
ハンデ・カーティポール 他
2013年 トルコ語 85分

 

私が初めて観たトルコ映画です。
トルコ人のお友達がいるのですが、彼女と色々と話したりするうちに、トルコの言葉や文化に興味を持つようになりました。
彼女が日本語の勉強をしているので、いつか、何らかの形で彼女のためにも役に立つかもしれないと思い、トルコ語の勉強をし始めました。
リスニング強化の目的で、内容二の次でこの映画を観たのですが、面白かったです。
キーパーとしてサッカーのチームに入ってるデニス君は、チームの中でも背が低く、キーパーとしてはちょっと落ちこぼれ。
相手チームにも自分のチームにも、コーチにも小馬鹿にされ、あまりお友達もいません。
ある日の学校の帰り道、凹んで一人で佇んでいると、どこからか一匹のワンちゃんが。
「マックス」というタグを首にぶらさげたそのワンちゃんと、すぐにデニスは友達になり、家族も可愛がるのですが、実はマックスの飼い主さんは、誘拐されて大変なことに。
コメディー映画で、すこーしだけホーム・アローンを彷彿とさせる所があったり、最後まで面白い感じで(笑)。
トルコの国民の9割がイスラム教徒だと知り、私のトルコ人の友人も、もちろんイスラム教徒。
ヒジャブなど被ったりはしていないけど、イスラムの何ていうか、独特な雰囲気をトルコのイメージとして持っていたので、この映画は私の中のトルコの印象をガラリと変えてくれました。
言われなければ「トルコ」とわからないくらい。
どちらかというとギリシャっぽいような、映画全体の雰囲気としてはそんな感じ。
「動物」と「子供」という設定は、まずいです…涙でちゃう最強のペアです、私にとって…。
今回も思った通り、な展開になったのですが、最後はもちろんハッピーエンドで良かったです。
マックスがとても聡明でね、かっこよくて綺麗で、ワンちゃんいいなぁ。
我が家はネコちゃん6匹(父・母と、1男3女の一家)がいるので、ワンちゃんは飼えないけど、ワンちゃんは表情やしぐさがとってもとっても可愛い!
デニスや家族の交流も、とても温かいもので、ファミリー映画としてとても素敵な映画です。