読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

✿ i piccoli campi ✿

プレーンな生活。小さな幸せ。

殿、利息でござる!

🎬 日本の映画

『殿、利息でござる!』大ヒット上映中!

 

監督
中村義洋
脚本
中村義洋
鈴木謙一
出演
阿部サダヲ
瑛太
妻夫木聡
竹内結子
羽生結弦 他
2016年 日本語 129分

 

トルコ人の友人から、「日本のサムライの映画で、何かオススメなものはある?」と訊かれたある日。
YouTubeで探していたところ、見つけたのがこちらです。
「サムライ」というテーマでは無いのですが、個人的に気に入ってしまった作品です。

 

1766年の仙台藩領内の宿場町・吉岡宿。
仙台藩の宿場町には宿場町間の物資の輸送を行う「伝馬役」が役目として課せられており、通常は藩より宿場町に助成金が支給されているのですが、吉岡宿は藩の直轄領ではないため助成金が支給されていません。
このため、伝馬役にかかる費用は全て吉岡宿の住人が負担し、町は困窮し、破産者や夜逃げ者が相次ぐ有様でした。
このような町の有様を案じていた造り酒屋の当主・穀田屋十三郎は、町の窮状を訴えるため、代官に訴状を渡そうとしますが、京から帰ってきたばかりの茶師・菅原屋篤平治に命が危険であると止められます。
ある日の晩、未亡人、ときが営む煮売り屋「しま屋」で篤平治と偶然一緒になった十三郎は、吉岡宿を救う手立てが何かないか相談します。
篤平治が出した策は、吉岡宿の有志で銭を出し合い藩に貸して利息を取り、それを伝馬役に使うという奇策。
百姓がお上にお金を貸すなど、案を出した当の篤平治ですら夢物語と言うほど現実味がない策のように思われましたが、十三郎は策の実現のため、同志集めと銭集めに動き出します。

まずこの映画に出ている役者の方々がみんな、私の好きな俳優さん、女優さんだったので、最後まで本当に楽しんで観ることができました。
一番びっくりしたのは…羽生君だな(笑)。
いや、羽生君が出るなんて知らずに観たから…(汗)。
まさかの羽生君でびっくり。
そして、なんだか全く違和感なく演じていることにもびっくりでした!
阿部サダヲさんの演技で、目だけで演じるというか…、細かな所まで演じているところが、すごいなぁと思ったり。
そして映画の内容そのものも、まず実話がベースっていうのがすごい。
当時の人たちにとっては、本当に突拍子もない考えだったんだろうなぁ。
単なる夢物語のような、ありえない発想でも、そこに望みをかけて真摯に取り組む…、ある意味、馬鹿がつくほど純粋というか…。
でもそういう純粋さこそが、たくさんの人の心を動かしていくんだろうなぁ。
当時の人たちの粋な心遣いというものもあって、こういうような事案が今の世の中にあったとしたら、どうなっていたんだろうなとも思いました。
もちろんどの世にも、例えばこの物語の核として動いている穀田屋十三郎のような人が存在するのでしょうけど。
コメディー要素もあって、テンポも良く、とても楽しめた映画でした。
途中ホロリとさせられるところもあり、何度でも観たい映画の1つです。

 

 

 

Steppin' Out With My Baby(ステッピン・アウト・ウィズ・マイ・ベイビー)

🎶 英語の音楽

by フレッド・アステア

 

作詞・作曲
アーヴィング・バーリン
1948年

 

www.youtube.com

 

I'm steppin' out with my baby
Can't go wrong 'cause I'm in right
It's for sure, not for maybe
That I'm all dressed up tonight
(愛しい人とデートに行くんだ
気は確かさ、間違っちゃいないよ
本当さ、もちろんだよ
今夜は頭のてっぺんからつま先までオシャレをするのさ)

 

Steppin' out with my honey
Can't be bad to feel so good
Never felt quite so sunny
And I keep on knockin' wood
(愛しい人とデートに行くんだ
こんなに良い気分でいることに 悪い気はしないね
こんなにも気分が高揚したことなんてないよ
おまじないのために 木を叩かないと)

 

There'll be smooth sailin'
'Cause I'm trimmin' my sails
In my top hat
And my white tie and my tails
(順風満帆でいけるはずさ
だって僕は 自分の船の手入れをしてるからね
シルクハットと
白いネクタイと燕尾服を着て)

 

Steppin' out with my baby
Can't go wrong 'cause I'm in right
Ask me when will that day be
The big day may be tonight
(愛しい人とデートに行くんだ
気は確かさ、間違っちゃいないよ
その日がいつになるか 僕に聞いてみてくれよ
大事な日は今夜かもしれないよ)

 

I'm steppin' out with my baby
Can't go wrong 'cause I'm in right
It's for sure, not for maybe
That I'm all dressed up tonight
(愛しい人とデートに行くんだ
気は確かさ、間違っちゃいないよ
本当さ、もちろんだよ
今夜は頭のてっぺんからつま先までオシャレをするのさ)

 

Steppin' out with my honey
Can't be bad to feel so good
I never felt quite so sunny
And I keep on knockin' wood
(愛しい人とデートに行くんだ
こんなに良い気分でいることに 悪い気はしないね
こんなにも気分が高揚したことなんてないよ
おまじないのために 木を叩かないと)

 

There'll be smooth sailin'
'Cause I'm trimmin' my sails
In my top hat
And my white tie and my tails
(順風満帆でいけるはずさ
だって僕は 自分の船の手入れをしてるからね
シルクハットと
白いネクタイと燕尾服を着て)

 

Steppin' out with my baby
Can't go wrong 'cause I'm in right
Ask me when will that day be
The big day may be tonight
(愛しい人とデートに行くんだ
気は確かさ、間違っちゃいないよ
その日がいつになるか 僕に聞いてみてくれよ
大事な日は今夜かもしれないよ)

Ouija (ウィジ)

🎬 アメリカの映画

Ouija (2014) - IMDb


監督
スタイルス・ホワイト
脚本
ジュリエット・スノーデン
スタイルス・ホワイト
出演
オリヴィア・クック
ダレン・カガソフ
ダグラス・スミス
ビアンカ・サントス
シェリー・ヘニッヒ 他
2014年 英語 89分

 

ホラー映画は苦手なのですが…ホラー映画大好きな主人に促されて観ました。

 

デビーは少女時代のある日、親友のレインと一緒にウィジで遊びます。
ウィジで遊ぶにはいくつかのルールがありました。
その1つは、「決して一人で遊ばないこと」。時が経ち、高校生になったデビーとレイン。
デビーはある日、自宅で自殺をはかり亡くなりました。
突然のことにショックを受けた親友レインや友人たち。
レインは、不自然な死を遂げた親友と交信するために、友人たちと一緒にウィジを使います。
交信は1度で終わりませんでした。
そして彼らは、ウィジを使って交信している”モノ”が、デビーでは無いこと、さらには、デビーの住んでいた家に隠された秘密を知ることになります。

 

アメリカ版こっくりさん、という感じです。
”Ouija”は、私は「ウィジャ」と発音していたのですが、厳密には「ウィジ」とネイティブの方々は発音しています。
私が小学校低学年のときだったかな、学校で「こっくりさん」が話題になりました。
当時から怖いものは好きじゃなかったので、「こっくりさん」が話題になるたびに嫌な気分だったなぁ(汗)。
この映画、ワタシ的には確かに怖かったんだけど、なぜだかテンポよく話が進んでいって、結局最後まで見ないと気が済まない、ような感じになりました。
ホラー映画特有の、突然の大きな音とかね、個人的にちょっとグロいとことかね、あったりもしたんだけど。
もしかしたら、ホラー映画好きな人には、そこまで怖いものじゃないのかもしれない…(汗)。
でも私はとっても怖く感じましたよ(汗)。
高校生役の人たちが、実はほとんど年齢がかなり上な感じだったりとか、ちょっとツッコミどころがある箇所もあったりしたけど、そこはご愛嬌。

 

 

Faded From The Winter (フェイディッド・フロム・ザ・ウィンター)

🎶 英語の音楽

by アイアン・アンド・ワイン

作詞・作曲
アイアン・アンド・ワイン
2002年

 

www.youtube.com

 

Daddy's ghost behind you
Sleeping dog beside you
You're a poem of mystery
You're the prayer inside me
(君の後ろにいる パパの幽霊
側で寝ている犬
君は神秘的な詩
僕の中の祈り)

 

Spoken words like moonlight
You're the voice that I like
(月の光のような 発せられた言葉たち
君は僕の好きな声音)

 

Needlework and seedlings
In the way you're walking
To me from the timbers
Faded from the winter
(針仕事と種蒔きをするんだ
冬を越して色褪せた木材から
僕のところへ
君が歩いてやってくる間に)

 

Dheanainn Sùgradh (ギャニン・スーグロ)

🎶 アイルランド語の音楽

by メイヴ

作詞・作曲

不明
2002年

 

www.youtube.com

 

Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
(黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ)

 

Dheannain sùgradh ris a'ghruagaich
ギャニン   スーグロ   リス   アグルァギフ
'Nuair a bhiodh a' sluagh nan codal
ヌァル   ア   ヴィオグ   ア   スルォ   ナン   コダル
(長い髪の女の子と遊んだよ
みんなが寝ていた時に)

 

Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
(黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ)

 

Dheannain sùgradh an àm dùsgaidh
ギャニン   スーグロ   アン   アーム   トゥースカィア
'N àm na siùil a bhith 'gam pasgadh
ン   アーム   ナ   スール   ア   ヴィフ   ガム   プヤスゴ
(遊んだよ 私達の目が覚めて
そして船が帆を張った時に)

 

Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
(黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ)

 

Di-Luain an dèidh Di-dòmhnaich
ディ   ルァン   アン   テーィア   ディ   ドーヴナフ
Dh'fhalbh sinn le Seonaid a Aircaibh
ガルヴ   シン   レ   ソナトゥ   ア   アルカヴ
(日曜日のあと 月曜日になって
ショネイドのオークニーへ向かったよ)

 

Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
(黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ)

 

Riof 'gha ceangal 's riof 'gha fuasgladh
リフガ   キャンカル   ス   リフガ   ファスグロ
muir ma guallain fuaim is fead oirr
ムル   マ   クァラン   ファム   イス   フャトゥ   オル
(暗礁に用心して 岩礁は揺れる
船首と波音と口笛の下で 波は揺れる)

 

Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
(黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ)

 

Is Dún Drumuilliún, muilliún, muilliún
イス   トゥーン   トゥルムルーン   ムルーン   ムルーン
Nach í seo aniar an bád
ナフ   イー   ソ   アニアル   アン   プャートゥ
Is Dún Drumuilliún, muilliún, muilliún
イス   トゥーン   トゥルムルーン   ムルーン   ムルーン
'S mo ghrá ar an mbuille láir
ス   モ   グラー   アル   アン  ムプリェ   ラーイル
Is Dún Drumuilliún, muilliún, muilliún
イス   トゥーン   トゥルムルーン   ムルーン   ムルーン
(トゥーン トゥルムルーン ムルーン ムルーン
あれは西からの船だろうか
トゥーン トゥルムルーン ムルーン ムルーン
漕いでいるのは私の恋人だろうか
トゥーン トゥルムルーン ムルーン ムルーン)

 

Is Dún Drumuilliún, muilliún, muilliún
イス   トゥーン   トゥルムルーン   ムルーン   ムルーン
Is iarram ar Rí na ngrást
イス   イアラム   アル   リー   ナ   ニュクラースト
Is Dún Drumuilliún, muilliún, muilliún
イス   トゥーン   トゥルムルーン   ムルーン   ムルーン
Mo ghrá a thabhairt chugam slán
モ   グラー   ア   フャヴャルトゥ   フガム   スラーン
Is Dún Drumuilliún, muilliún, muilliún
イス   トゥーン   トゥルムルーン   ムルーン   ムルーン
(トゥーン トゥルムルーン ムルーン ムルーン
そして私は慈悲深い王に頼みます
トゥーン トゥルムルーン ムルーン ムルーン
私の愛する人を 無事に私のもとへ連れてきてくれるように
トゥーン トゥルムルーン ムルーン ムルーン)

 

Null ma Chaolas na Ròimh
ヌル   マ   フーラス   ナ   ローヴ
b'fheudar dhuinn am bòm a leaiseadh
ピァダル   ユイン   アム   ボーム   ア   リャイセオ
(ローマの海峡を横切って
帆桁をしっかりと握っていた)

 

Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
(黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ)


Null ma chaolas na Fraing
ヌル   マ   フーラス   ナ   フランク
Maide 'na làimh is gaoth 'gha greasadh
マデ   ナ   ラーイヴ   イス   クーフ   ヤ   クリャソ
(フランスの狭い河を横切って
舵をしっかり取って 風が私達を導いた)

 

Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
(黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ)

 

Dh'fheumadh pòrsan thigh 'nn à bùth dhith
ギァモ   ポールサン   フィア   ン   アー   フューフ   ギフ
Ged a bhiodh e crùn an cairteal
ケトゥ   ア   ヴイグ   エ   クルーン   アン   カルテャル
(彼女は市場からの贈り物なんて欲しがらないでしょう
もしも王冠が彼女の取り分だとするならば)

 

Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
(黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ)

 

Ged a bhiodh e crùn an óirleach
ケトゥ   ア   ヴイグ   エ   クルーン   アン   オルリャフ
Dh'fheumadh pòrsan dheith thigh 'nn dhachaidh
ギャモ   ポールサン   ゲフ   フィア   ン   ガファィア
(たとえそれが黄金の王冠であっても
彼女は持ち込まれた贈り物を欲しがらないでしょう)

 

Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
Dheannain sùgradh ris a nighean duibh
ギャニン   スーグロ   リス   ア   ニアヤン   ドゥヴ
N' deidh dhomh eirigh as a 'mhadainn
ン   ティア   ヨヴ   エリィア   アス   ア   ヴヤディン
(黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に
黒髪の少女と遊んだよ
朝 目が覚めた時に)

The Magic Barrel(魔法の樽)

📖 英語の本

著者
バーナード・マラマッド
1958年 英語 214ページ

 

Magic Realism: The Magic Barrel by Bernard Malamud

 

洋書を読んでもっと英語を勉強しようと決めてから購入した、私にとっては2冊目の洋書がこちらです。
初めてこの本を読んだのは、高校生の時でした。

 

この本は短編集で、タイトルの「The Magic Barrel(魔法の樽)」というのは、この本に納められている短編小説の中の1作品のタイトルです。
一つ一つの作品のあらすじをここで紹介すると、長くなりすぎてしまうので、ここでは省略しますが、全体を通して、作品の主人公はユダヤ人移民。
貧しさ、失望、その他のネガティブな感情がテーマのような感じでしょうか。

 

初めてこの本を読んだときは、まず、英語の勉強のためとして読んだので、本の内容を理解し楽しむ、というのは二の次でした。
単語が難しいなぁ、ユダヤ人が多く出てくるなぁ、英語じゃない単語がチラホラ出てくるなぁ、イタリア系も多いなぁ、という感じの印象で、当時高校生だった私にとっては、「難しい本」という印象が残りました。
その後も色々な洋書を読み進めていき、20代になって再びこの本を読み始めると、最初の時に感じたものとは、どこか違う印象をこの作品に持ちました。
数年に一度は読み返しているこの本ですが、読む年齢によって、感じ方が変わる、どこか不思議な本です。
最近になってまた、この本を読み返してみたのですが、細かな描写のその美しさだったり、作品に出てくる人物たちの細かな感情や仕草、そして作者が文章に隠したであろう皮肉や、表には出てこない駆け引きや人物間のやりとり、また、他の言語を個人的に勉強してみて、初めて人物が話す英語の訛などの特徴などが分かり、この本の世界観が、さらに奥深いものに感じました。
ロシア系ユダヤ人移民である作者。
奥様はイタリア系アメリカ人だそうで、この本に収録されている作品が、度々イタリアが舞台だったりとか、イタリア系の人物が出てくるのは、奥様の影響でしょうか。
私は日本人で仏教徒だから、ユダヤ人、またはユダヤ人移民が歩んできた道をしっかり理解するのは、かなり難しいことですが…そういうことをもっと学べたら、さらにこの本を楽しむことができるのかな、と思います。
歳を重ねるごとに、何度も読み返したくなるような、味わい深い不思議な本です。

Knee Deep In My Heart(ニー・ディープ・イン・マイ・ハート)

🎶 英語の音楽

by シェーン・ファイラン

作詞・作曲
シェーン・ファイラン、ジョン・グリーン、キャス・ロー
2013年

 

www.youtube.com

 

Life is running past me
Days and hours too
Like it had no color
Just different shades of blue
I heard about this love thing
But I still needed proof
'Cause I believed in nothing
'Til I believed in you
(人生はすごい速さで僕のもとを過ぎ去っていく
日々も時間も、
無色透明で、さまざまな青い影のように
この愛のことを耳にしたけど
でもまだ確かめる必要がある
だって僕は何も信じていなかったんだ
君を信じるまでは)

 

And I say..
Wooohhh..
You left your fingerprints
All over my soul
(だから僕は
ウォーって声に出すんだ
君は僕の心に
指紋を残したんだから)

 

And I caught you out red handed
Knee deep in my heart
When I was upside down
Spinning round and round and round in the dark
Act so sweet but you're guilty as charged
I caught you out red handed
Knee deep in my heart
(で、僕は君を現行犯逮捕したってわけ
僕の心は君にハマってしまったから
僕が混乱していたときに
暗闇へグルグル引き込んだんだ
甘く振る舞うけど君は有罪だ
僕は君を現行犯逮捕したってわけ
僕の心は君にハマってしまったから)

 

I never saw it coming
You took me by surprise
'Cause you ain't done the cover
Without an alibi
You done the perfect crime girl
Now I wanna do the time
'Cause I got no defense but hell
I'm gonna walk the line
(僕はこんなの見た事もなかったよ
君は僕に不意打ちしたこと
君はアリバイもないのに潜入捜査したんだから
君は完全に罪な女の子だ
今や僕は服役したい程だよ
僕は防御も出来ず酷い目に会ったし、
正しい行動を取りたいから)

 

And I say..
Wooohhh..
You left your fingerprints
All over my soul
(だから僕は
ウォーって声に出すんだ
君は僕の心に
指紋を残したんだから)

 

And I caught you out red handed
Knee deep in my heart
When I was upside down
Spinning round and round and round in the dark
Act so sweet but you're guilty as charged
I caught you out red handed
Knee deep in my heart
(で、僕は君を現行犯逮捕したってわけ
僕の心は君にハマってしまったから
僕が混乱していたときに
暗闇へグルグル引き込んだんだ
甘く振る舞うけど君は有罪だ
僕は君を現行犯逮捕したってわけ
僕の心は君にハマってしまったから)

 

Not the day the sweetest freedom
Not by what I believe in
(自由ほど甘いものはない
今、自分が信じるものを見つけたんだ)

 

And I say..
Wooohhh..
You left your fingerprints
All over my soul..
My soul..
(だから僕は
ウォーって声に出すんだ
君は僕の心に
指紋を残したんだから
僕の心に)

 

And I caught you out red handed
Knee deep in my heart
When I was upside down
Spinning round and round and round
And I caught you out red handed
Knee deep in my heart
When I was upside down
Spinning round and round and round in the dark
Act so sweet but you're guilty as charged
I caught you out red handed
Knee deep in my heart
(で、僕は君を現行犯逮捕したってわけ
僕の心は君にハマってしまったから
僕が混乱していたときに
暗闇へグルグル引き込んだんだ
僕は君を現行犯逮捕したってわけ
僕の心は君にハマってしまったから
僕が混乱していたときに
暗闇へグルグル引き込んだんだ
甘く振る舞うけど君は有罪だ
僕は君を現行犯逮捕したってわけ
僕の心は君にハマってしまったから)